Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定する

Video Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定する

キオスクモードは、Windows 10アップデート1809の興味深い機能であり、コンピューター上の他のユーザーの使用を1つのMicrosoftアプリケーションまたは特定のWebサイトに制限できます。

この記事を通じて、WebTech360は、コンピューターでキオスクモードを設定する方法を説明します

Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定する

注:キオスクアカウントを設定する前に、Windows10をアップデート1809にする必要があります。

ステップ1:タスクバーのWindowsアイコン右クリックし、[設定]を選択します

Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定する

Windowsアイコン(1)を右クリックし、[設定](2)を選択します。

ステップ2:[設定]ウィンドウで、[アカウント]をクリックします

Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定する

[設定]ウィンドウで[アカウント]を選択します

ステップ3:ここで、ウィンドウの左側の列で[ファミリーと他のユーザー]を選択します。次に、下にスクロールして[キオスク設定]をクリックし、[割り当てられたアクセス]をクリックします。

Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定するウィンドウの左側の列にある[家族と他のユーザー]をクリックします

Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定する

下にスクロールして[キオスクを設定]をクリックし、[割り当てられたアクセス]をクリックします。

手順4: [キオスク設定]ウィンドウで、[開始]を選択します[アカウントの作成]ダイアログボックス表示されたら、 [名前を追加]ボックスに名前を入力して、[次へ]を選択します

Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定する

[キオスクの設定]ウィンドウで[開始]を選択します

Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定する

ボックスに名前を入力します名前を追加します(1)次に、次へ(2)を選択します

ステップ5:次に、[キオスクアプリ選択]ダイアログボックスでゲストアカウントに使用許可を付与するソフトウェアを選択し、 [次へ]をクリックしますキオスクアカウントの作成が完了したと考えて、[完了しました]ポップアップダイアログボックスが表示されます。

Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定する

ライセンスを取得するソフトウェアを選択し(1)、[次へ]をクリックします(2)

Windows10バージョン1809でキオスクモードアカウントを作成して設定する

[完了したメッセージ]ダイアログボックスが表示され、キオスクアカウントが正常に作成されたことを示します。

うまくいけば、これらの簡単な手順がキオスクアカウントの作成と承認に役立つことを願っています。幸運を。


新しいアップデート2021

前回の最後に、Windows 10 バージョン1809の「キオスクモード」について少しだけ触れました。Windows 10 バージョン1803以前と何が変わったのか紹介します。また、Windows Defender Application Guardの導入と構成が簡単になり、機能拡張が行われていることについても紹介します。

 

1. キオスクモードのセットアップが簡単に

 Windows 10のキオスクモードは、「設定」アプリの「アカウント」にある「家族とその他のユーザー」からセットアップします。Windows 10 バージョン1803までは、公式ドキュメントや公式ブログではキオスクモードと呼びながら、Windows 10のUIでは「割り当てられたアクセス」と表現されていた点が分かりにくいところでした。Windows 10 バージョン1809(October 2018 Update)ではこの点が改善され、セットアップを開始する場所に「キオスクモードを設定する」と明記されています( 画面1 )。

画面1 画面1  Windows 10 バージョン1803(左)とWindows 10 バージョン1809(右)のキオスクモードのセットアップ

 Windows 10 バージョン1803以前では、最初にWindows 10にローカルアカウントを作成し、そのアカウントに対して現在のユーザーにインストール済みのビルトインのUWPアプリまたはMicrosoft Storeから入手したUWPアプリ(UWPアプリによっては選択肢に出てこないものもあります)を割り当てるという手順でセットアップしました。

 Windows 10 バージョン1809では、新規作成または既存のローカルアカウントを選択して割り当てるという従来の手順に加え、その場でパスワードなしで自動サインインするように構成されるローカルアカウントを作成し、1つのUWPアプリを割り当てることができます。また、以前は選択できなかった「Microsoft Edge」を割り当てることもできるようになりました( 画面2 )。

画面2 画面2  ローカルアカウントを新規作成して、すぐにアプリを割り当てることができる。「Microsoft Edge」の割り当ても可能に

2. Microsoft Edgeを2つのモードのいずれかでセットアップ可能

 キオスクモードでユーザーに「Microsoft Edge」を割り当てる場合、「デジタル署名または対話側ディスプレイとして」と「パブリックブラウザーとして」のいずれかのモードを選択します( 画面3 )。

画面3 画面3  「Microsoft Edge」を割り当てる場合、「デジタル署名または対話側ディスプレイとして」と「パブリックブラウザーとして」のいずれかを選択できる

 前者の場合、指定したURLのWebサイトを全画面表示のMicrosoft Edgeで自動的に開きます( 画面4 )。

画面4 画面4  「パブリックブラウザーとして」モードのMicrosoft Edge

 後者の場合、InPrivateウィンドウのMicrosoft Edgeで指定したスタートページのURLをタブで開きます( 画面5 )。また、後者の場合は既定で5分のアイドル時間でMicrosoft Edgeがリセット(再起動)される他、Microsoft Edgeの機能の一部が制限されます。

画面5 画面5  「デジタル署名または対話側ディスプレイとして」モードのMicrosoft Edge

3. 「Windowsセキュリティ」に統合されたWDAGのインストールと構成

 Windows 10 バージョン1809では、WDAGの機能のインストールと基本的な構成が簡素化されました。WDAGの機能は、「Windowsセキュリティ」(旧称、Windows Defenderセキュリティセンター)の「アプリとブラウザーコントロール」にある「分離されたブラウズ」からインストールできます。また、インストール後に(要再起動)、「Windowsセキュリティ」の「分離されたブラウズ」を開くと、データの保存、コピーと貼り付け、ファイルの印刷に関する設定をGUIで構成することが可能です( 画面6 )。

画面6 画面6  「Windowsセキュリティ」アプリからのWDAGのインストールと構成

 WDAGポリシーを見ると、細かな機能強化が行われていることも分かります。Windows 10 バージョン1803と比較すると、次の4つのポリシーが追加されています。

  1. Windows Defender Application Guardでカメラとマイクへのアクセスを許可する
  2. Windows Defender Application Guardでユーザーのデバイスからルート証明機関を使用できるようにする
  3. ユーザーがWindows Defender Application Guardで開くファイルを信頼できるようにする
  4. Windows Defender Application Guardで信頼されていないファイルの追加ソースを構成する

 前述したように「Windows Defender Application Guardのハードウェアアクセラレータによるレンダリングを許可する」ポリシーは、Windows 10 バージョン1803にも存在しますが、ポリシーの効果があるのはWindows 10 バージョン1809からです。

 また、「Windows Defender Application Guardをエンタープライズモードでオンにします」ポリシーはこれまでの単なる有効化だけでなく、Microsoft Officeに対して有効化するオプションが追加されています( 画面7 、既定は「1」)。

画面7 画面7  Windows 10 バージョン1809のWDAGポリシー。Officeに対するWDAGの有効化の効果については、現時点で情報なし

 公式ドキュメントではこのポリシーの意味について記載がないため、将来の機能拡張に向けた、まだ利用可能ではない機能である可能性があります。最新のドキュメントを確認してください。

Tags:

サムスンギャラクシーS8プラスでエッジスクリーンを使用する

サムスンギャラクシーS8プラスでエッジスクリーンを使用する

サムスンの携帯電話のエッジスクリーンを使用すると、お気に入りのアプリやリストなどを簡単かつ迅速に操作できます。

Samsung Galaxy S8Plusのステータスバー表示設定

Samsung Galaxy S8Plusのステータスバー表示設定

ステータスバーの表示を有効にすると、ステータスバーに最新の3つの通知のみが表示されます。

サムスンギャラクシーS8プラスでゲームランチャーを有効にする

サムスンギャラクシーS8プラスでゲームランチャーを有効にする

コンピューター上のゲームを、使いやすいフォルダーに管理します。

imei情報を確認し、Samsung Galaxy S8Plusをモデル化します

imei情報を確認し、Samsung Galaxy S8Plusをモデル化します

機械情報は、IME、モデルなどの情報を確認するのに役立ちます。

サムスンギャラクシーS6で画面固定モードを有効にする

サムスンギャラクシーS6で画面固定モードを有効にする

画面の固定はAndroid5.0以降に導入された新機能であり、ユーザーがSamsung GalaxyS6を貸すときに他の人の好奇心を心配する必要がありません。

Samsung Galaxy S8Plusで仮想ホームキーを有効にする手順

Samsung Galaxy S8Plusで仮想ホームキーを有効にする手順

仮想ホームキーは、ユーザーがすばやく便利に操作できるようにします。

Samsung Galaxy S8Plusのアプリの通知設定

Samsung Galaxy S8Plusのアプリの通知設定

Facebook、Zalo ...などのアプリケーションの通知は、作業に煩わしい場合があります。オン/オフを設定できます。

サムスンギャラクシーS8プラスで電話とテキストメッセージをスワイプ

サムスンギャラクシーS8プラスで電話とテキストメッセージをスワイプ

連絡先または電話を右にスワイプして電話をかけ、左にスワイプしてメッセージを送信します。

Samsung Galaxy S8Plusで指紋センサーの操作を有効にする

Samsung Galaxy S8Plusで指紋センサーの操作を有効にする

この機能を使用すると、指紋センサーを上下にスワイプして通知を開いたり閉じたりできます。

サムスンギャラクシーJ7プロのフローティングカメラキー

サムスンギャラクシーJ7プロのフローティングカメラキー

サムスンギャラクシーJ7プロのフローティングカメラキーは、自動モードとセルフィーモードで画面上の任意の位置に移動できるショートカットを作成します。

Samsung Galaxy J3Proでフォントサイズを調整する

Samsung Galaxy J3Proでフォントサイズを調整する

ニーズに合わせてフォントサイズを調整します。

サムスンギャラクシーJ7プロで天気を表示する都市を追加

サムスンギャラクシーJ7プロで天気を表示する都市を追加

天気ウィジェットは、ホーム画面で気温と日付と時刻をすばやく確認できるようにすることを目的としています。

Samsung Galaxy J3Proで3Gを有効にする

Samsung Galaxy J3Proで3Gを有効にする

3G接続により、いつでもどこでも仕事や遊びが可能になります。

サムスンギャラクシーJ3プロのRAMを解放します

サムスンギャラクシーJ3プロのRAMを解放します

RAMを解放して、デバイスをより高速かつスムーズに実行できます。

サムスンギャラクシーS8プラスで直接アクセスを有効にする

サムスンギャラクシーS8プラスで直接アクセスを有効にする

特定の機能をすばやく有効にし、次のようなショートカットを設定します:アシスト、ネガカラー...

Samsung Galaxy J3Proをコンピューターに接続する手順

Samsung Galaxy J3Proをコンピューターに接続する手順

コンピューターを電話に接続すると、最も簡単な方法でデータを前後にコピーできます。

Samsung GalaxyS8のMySamsungアプリでセンサーを確認します

Samsung GalaxyS8のMySamsungアプリでセンサーを確認します

この機能を使用すると、マシンセンサーの動作ステータスを確認できます。

Samsung Galaxy J7Proでマルチウィンドウモードを有効にする

Samsung Galaxy J7Proでマルチウィンドウモードを有効にする

電話機の同じ画面で2つ以上のタスクを実行できます。

サムスンギャラクシーJ7プロ電話で常に表示を切り替えます

サムスンギャラクシーJ7プロ電話で常に表示を切り替えます

Always On Displayは、Samsungの電話で、電話の画面がオフの場合でも、日付と時刻、バッテリー容量、不在着信などの有用な情報を表示できるようにする機能です。

新しいバージョンが利用可能になったときにSamsungGalaxy J3Proオペレーティングシステムをアップグレードする方法

新しいバージョンが利用可能になったときにSamsungGalaxy J3Proオペレーティングシステムをアップグレードする方法

ソフトウェアアップデートは、マシンが新しい機能を追加したり、ユーザーエクスペリエンスのパフォーマンスを向上させたりするのに役立ちます。