リモートPC5.2にアクセスする

Access Remote PC 5.2、Access Remote PCは、LAN、インターネットを介して1台のコンピューターから別のコンピューターにアクセスしたり、インターネットを介して接続したりできるようにするプログラムです。

    • リリース: Access-remote-pc
    • 使用法:無料で お試しいただけます
    • サイズ: 2.4 MB
    • ビュー: 15,110
    • ダウンロード: 15,064
    • 日:
    • 要件: Windows 98 / Me / 2000 / XP / 2003 Server / Vista

LAN、インターネット、または電話接続を介して、あるコンピューターから別のコンピューターにアクセスできるようにするプログラム。さらに、あたかもそのマシンの画面の真正面に座っているかのように、1台のコンピューターから別のコンピューターを制御できます。それでも、標準のTCP / IPプロトコルでサポートされている任意のネットワーク環境を介してリモートで作業することもできます。

優れた機能:

-ファイアウォール、ルーター、および動的IPアドレスのサポートを介して機能します。
-マシン間のファイル転送を高速かつ安全にします。
-ダイヤルアップモデムを使用すると伝送速度が遅すぎるため、ARPCの速度に満足するでしょう。
-キーボードとマウスの両方のアニメーションを使用するためのサポート。これは明らかに、キーボードを使用してこのマシンの前に立つか、クリックしてリモートマシンをシャットダウンまたは再起動するのに役立ちます...

 

リモートPC5.2にアクセスする

ダウンロード後のARPCで、rpcsetup.exeファイルをクリックして起動します。プログラムはまだインストールされていませんが、コンピューターを再起動する必要があります。再起動が完了し、正式にインストールされます。完全にインストールされ、すべてのコンピューターに同じプログラムが含まれていますが、ARPCは2つの部分で構成されているため、制御するように指定する必要があります。-

リモートPCサーバー:このプログラムは制御対象のマシンで実行する必要があります

-リモートPCクライアント:このプログラムはコンピューターで実行されますリモートPCサーバーを実行している別のマシンを使用して制御

しますリモートPCサーバーとクライアントを指定する手順:

+ LANで制御するマシンの場合:

-[StartProgramAccess]をクリックしますリモートPCメニューが表示されたら[サーバー]をクリックします(このPCを制御可能にします)リモートPCサーバーボックス用。LANカードを選択して、内部ネットワーク内のマシンのホスト名とIPアドレス(このアドレスはARPCによってマシンに割り当てられます)が通常192.168.x.xx

であることを確認します-次に、[ユーザーとパスワード]タブをクリックします[新規]ボタンクリックして、このリモートマシンの名前とパスワードを作成します。「ユーザー名」フィールドに名前を入力し、「パスワード」にパスワードを入力して、パスワードを再確認します。権限ペイン:このマシンのデスクトップを制御できるようにするには、[デスクトップの表示]をオンにします。コントロールマウスとキーボードを強調表示します。アクセスファイルシステムをチェックして、ファイルシステムへのアクセスを許可します。アクセスエリアを制限する場合は、[制限する]チェックボックスをオンにします次に、アクセスが必要な場所を指す横のボタンを押します。リモートコンピュータの前に座っている人が接続を終了したときにのみこのアクセスを利用できるようにする場合は、接続のこの端で生きている人がアクセスした場合にのみアクセスを許可するチェックボックスをオンにします終了したら、[ OK ]をクリックして[リモートPCサーバー]ボックス戻ります。ボックス内に、このPCへのアクセスを許可されたユーザーが、設定したユーザー名の付いた目の形のアイコンを表示します。システムトレイで非表示にするには、[表示]ボタンクリックします。

+マシンがLANで制御されている場合:

[ StartProgramAccess ]をクリックします[リモートPC ]メニューが表示されたら、[クライアント] (別のPCを制御できます)クリックして、[リモートPCクライアント]ボックスを表示します

[リモートコンピューター]ボックスに、リモートコンピューターの名前またはそのマシンのIPアドレスを入力します。インターネットに接続されているLANでは、APRCから提供されたIPアドレスを入力して、[接続]をクリックするのが最適です接続が開始されると、プログラムはユーザー名とパスワードの入力を求めるダイアログボックスを表示します。これは、上記のリモートマシン(サーバー)用に以前に設定した名前とパスワードです。

制御対象のマシンに接続すると、そのマシンのデスクトップが、あたかもそのマシンの前に座っているかのようにコンピューターに表示されます。キーボードまたはマウスを使用して、必要に応じてそのマシンを自由に制御できます。

同じプログラムであるため、サーバーとクライアントのルールが異なります。そのため、LAN環境では、任意のマシンを使用して他のマシンを簡単に制御

でき、多数の異なるマシンを同時にリアルタイムで接続および制御できます。

 

 

関連および代替アプリケーション

多分あなたは興味があります