Auto Image3.06-写真編集ツール

オートイメージ、友達とピクニックした後、お土産に写真をまとめて撮りますが、少し暗いか明るいので、プリントされた写真のほとんどが良くありません。

    • リリース: AutoImager
    • バージョン: 3.06
    • 使用法:無料で お試しいただけます
    • サイズ: 4.7 MB
    • ビュー: 3,223
    • ダウンロード: 3,198
    • 日:
    • 要件: Windows 95/98 / ME / 2000 / XP / Server 2003 / Vista

友達とピクニックをした後、お土産にたくさんの写真を撮りますが、少し暗いか少し明るいです。色が青や赤が多すぎるため、印刷される写真のほとんどは品質が良くありません。 ..

品質を向上させるには、複数の画像を同時に編集する必要がありますが、グラフィックソフトウェアに精通していないため、この場合の解決策は自動画像です。

このプログラムを使用すると、アクションまたは結合を選択するたびに、自動(トリム、明るさ、ノイズの追加、色相、せん断、ぼかしなど)などの一連の写真効果を1つの画像または複数の画像に同時に作成できます。多くのタスクは異なる写真効果を与えます。

プログラムをインストールして起動すると、AutoImageがユーザーに次のような多くの機能ボタンを提供することがわかります。

1つ目は、[処理するファイル]のボタンです。[ファイルの追加]:使用するファイルへのパスを選択します。フォルダの追加:選択したフォルダ内のすべての画像を使用できます。すべて選択:画像全体を選択して効果を続行します。

なしを選択:画像の選択を削除します。削除:選択した画像をリストから削除します。クリア:エフェクトとしてリストからすべての画像を削除します。矢印を使用すると、上下にスクロールできます...フォトカタログ内の画像ファイルがエフェクトとして使用されます。

Auto Image3.06-写真編集ツール

次は、設定を適用するフィルターのボタンです。画像への効果の効果を調整できます。これらの効果とうまく調整すると、画像は予期しない結果をもたらします(注は画像によって異なります)。設定が異なる効果、また、一部のエフェクトはデフォルト設定されているため、この設定機能は使用できません)。

[なし]を選択します。画像へのすべての効果を削除するために使用されます。[実行への変換]タブ:JPG、BMP、CLP、PDFなどのさまざまな形式でファイルをエクスポートできます。出力フォルダー:画像の効果が終了したときのデフォルトのパスを提供します。ファイルの処理:写真の効果に問題がなければ、ここをクリックして終了します。

多分あなたは興味があります

多分あなたは興味があります