Texmaker for Linux(64ビット)5.0.4-LaTeX形式をサポートするテキスト編集ソフトウェア

Texmaker for Linux(64ビット)のTexmaker 5.0.4は、構文の強調表示、クリックによるドキュメント翻訳を備えたLaTeX形式をサポートするテキストエディターです。

    • リリース: ATG
    • バージョン: 5.0.4
    • 使用法: 無料
    • サイズ: 29 MB
    • ビュー: 1,244
    • ダウンロード: 1,223
    • 日:
    • 要件: Linux 11.04

Texmaker 5.0.4は、シンタックスハイライト機能を備えたLaTeX形式をサポートするテキストエディタであり、コマンドライン入力の代わりにマウスクリックでドキュメントをコンパイルします。構造を作成するためのツール(リスト、表、図面の挿入など)、スペルチェック、スマートな提案、...

Texmaker for Linux(64ビット)5.0.4-LaTeX形式をサポートするテキスト編集ソフトウェア

利点:

-初心者、特に組み込みのテキストテンプレートウィザード、集計機能に非常に便利です。バージョン1.7以降は、インテリセンス(コマンド補完のヒント)になっています。
-利用可能な370以上の数学記号のメニュー。
-Tabキーを使用して構造間をすばやく移動します。さらに、構造はエディターウィンドウに•で表示されます。この機能はバージョン1.9.9の新機能です。
-添付のPDFビューア。synctex(バージョン2.0以降の新機能)のサポートにより、ユーザーはPDFファイルの1つの場所から、編集カーソルをソースファイルの対応するポイントに移動できます。
--PSTricks、MetaPost、Asymptoteコマンドテーブル。
-Unicodeフォントのエディターウィンドウ。多言語のテキストを書くことができます。
-素敵なGUI。
-複数のオペレーティングシステムで実行されます。特にWindowsにはインストールがあり、バージョンをインストールする必要はありません。メモリカード(USB)から実行する場合に便利です。

欠陥

-ソフトウェアのサイズは、同じタイプの一部のソフトウェアと比較して非常に大きいです。
プログラムのコンパイル速度は、たとえばKileと比較して遅いです。

多分あなたは興味があります

多分あなたは興味があります